drugs

AGA治療に用いられることの多いロゲインは、ミノキシジルを主成分として含んでいる育毛剤となっています。
ミノキシジルは元から育毛剤として効果を発揮していたわけではなく、血管を拡張させ高血圧患者の治療のために使われるものとして開発されていました。
その際の副作用として育毛効果が発見され、現在はこうして育毛剤として使用されることが増えているのです。
ロゲインは高い育毛効果を発揮するだけではなく、低価で購入できるのも大きな魅力となっています。
また、内服薬としての育毛剤とは違い、特定箇所に塗る外用薬であることから、多毛症のような副作用を回避することもできます。

育毛剤として有名なものの中に、リアップというものがあります。
このリアップもミノキシジルを主成分としている育毛剤なのですが、ロゲインと比較するとどうなのでしょうか。
どちらもミノキシジルを主成分としていることから、育毛効果に関しては大きな違いはありません。
しかし、決定的に違ってくるのが、販売価格です。
ロゲインはリアップの約3分の1の価格で購入することができるため、経済的負担を大幅に軽減させることができるのです。
薄毛治療というのは数日で完了するものではありません。
最低でも半年は継続して治療を続ける必要があると言われていますし、人によってはそれ以上の日数を必要とすることだってあります。
長期治療となれば当然これらの育毛剤を購入する回数も増えるわけですが、より出費を節約するということを考えれば、迷うことなくロゲインを購入すべきでしょう。